47都道府県中、最も近代化に遅れて最悪を更新し続ける秋田県の最低な状態を告発していきます!!


by ilovejt15

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 04月
2013年 12月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

Yesterday An...

ブログパーツ

ライフログ


VOLLEYBALL (バレーボール) 2012年 05月号 [雑誌]


わさお (小学館ジュニアシネマ文庫)


ヨーロッパの解放 [DVD]


ツボミ~一期一会~


おれはやらない、お前もやるな。―あゆかわのぼるの平成あきた大点検5

ファン

その他のジャンル

<   2011年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

秋田県の体育館話

バレーボールⅤリーグは来年の3月、男子大会が岩手県花巻市でセミファイナルを実施する。

従来、セミファイナルは東京の有明や愛知の小牧で行うのが普通だった。

花巻にしたのは震災復興の一環であることは容易に理解できる。

しかし、自分が関心を持ったのは花巻で行うということ。

花巻市には5000人以上を収容できる立派な体育館があるということだ。県庁所在地でもない場所に。

さて秋田県の体育館はどうか?

自分はⅤリーグ・bjリーグの観戦で冬場は動き回る。Ⅴリーグがメインだが、bjリーグは秋田NHがあるので、県内のどこかで必ず試合がある。

トップリーグの試合が行われた県内の体育館で実際、行った場所は

秋田県立体育館 2009年12月6日 09/10Ⅴプレミアリーグ秋田大会

秋田市立体育館 2004年11月28日 04/05Ⅴリーグ秋田大会
        2009年3月20日・21日 08/09Ⅴリーグ秋田大会
        2010年11月21日 10/11bjリーグ秋田NHホームゲーム

大館樹海アリーナ 2006年7月16日 女子バレー日本代表紅白戦
         2007年10月5日~8日 秋田国体6人制バレー成人女子
         2011年1月30日 10/11bjリーグ秋田NHホームゲーム

北秋田市鷹巣体育館 2005年3月12日・13日 04/05Ⅴリーグ下位入れ替え戦
          2007年2月4日 06/07Ⅴ・チャレンジリーグ北秋田大会
          2009年1月18日 08/09Ⅴ・チャレンジリーグ北秋田大会

横手市体育館 2011年3月5日・6日 10/11Ⅴ・チャレンジリーグ横手大会

など。

言っちゃ悪いけど、あんまり設備のいい体育館って県内にはないと思う。

特に今年3月に訪れた横手市体育館は、小中学校の大会ぐらいしか使い道がないとおもった。

2階の固定席が全部で300ちょっと。各チームの応援団が陣取ると一般客の座る場所がない。一応、アリーナにパイプ椅子を敷き詰めていたが、ひな壇じゃないので背が高い人が前に座っちゃうと見づらくなってしまうのだ。

横手市体育館よりは鷹巣体育館の方がマシ。駐車場の広さも鷹巣の方が広い。大会当日は、体育館の駐車場は役員が占拠しており、一般客は隣の除雪ステーションに回された。

しかし、それ以上にひどい話がある。

体育館の隣には営業しているのか、していないのかわからないレストランがある。

選手たちはこのレストランのある建物を控室にあてがわれていた。

バレーのユニフォームは上はノースリーブシャツか半袖、下はショートパンツが主流なのだが、その格好でレストランと体育館の間を行き来しないといけない。そもそもこの二つの建物はつながっていないわけで一旦、外に出ないといけない。

積雪2m以上の雪が積もっている場所を、ノースリーブと短パンで歩かされたわけである。これは、ひどいだろ?

北秋田市は街の規模で横手に比べられないが、体育館の中にシャワールーム付きの控室があるだけマシなわけだ。

だったら秋田市でやれば一番いいじゃないか。と、言うことになるがチャレンジリーグと言うのは下位リーグなので県立体育館を使用するには無駄に壮大になってしまう。

しかも横手市で行わないといけない暗黙のルールがある。

茨城県ひたちなか市に本拠地を置く、日立リヴァーレの運営会社は日立オートモティブシステム。その関連企業であるユニシアJKCステアリングシステムの主力工場が横手にあるのだから、そこがホームゲームになってしまうのだ。

自分は東北各地の体育館を見たが、岩手の奥州市水沢にある水沢Zアリーナは、田舎の体育館なのにオーロラビジョンが常置されている。あれはたまげたな。さすがは小沢先生の地元だな(笑)。

スポーツ立県を標榜したのだから、交通のアクセスの良い場所に体育館を建設すべきだと思う。歌手のライブもできる設備を併設した体育館だ。

今、にぎわい交流館を建設中だが、バレー・バスケができる体育館で、なおかつコンサートホールとして限界になっている県民会館の機能を併せ持ち、ショッピングモールも併設した施設を造る方が自分はマシだと思うのだが。

富山市や都城市のように田舎でもバレーの国際大会ができるような国際クラスの施設を持てるような県になってもらいたいものだね。

期待はできないが(笑)。

ところでワールドゲームズっていったいなんだったのだろうか

おまけ画像
c0184178_3271127.jpg

日立リヴァーレ 江畑幸子 秋田市土崎出身。
c0184178_3275228.jpg

日立リヴァーレ 佐藤瞳 潟上市昭和出身。

※2枚とも3月の横手大会で撮影。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2011-10-28 03:07 | ココが変だよ告発記事

「男鹿のナマハゲ」の登録勧告先送り 無形文化遺産

何年か前の「エロナマハゲ」のせいなんでしょうかね・・・

 文化庁に26日朝入った連絡によると、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産をめぐり、ユネスコの事前審査機関が広島県の「壬生の花田植」と島根県の「佐陀神能」の2件の登録を勧告した。本県の「男鹿のナマハゲ」の勧告は先送りとなった。

さきがけWEB版

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2011-10-26 11:13 | 県内ニュース

増田体育館ってどう?

12月24日と25日に横手市の増田体育館にいくんだけど、体育館の座席の感じや、周辺の施設情報なんかを教えてほしい。

横手市体育館は頻繁にいってるんだけど、座席が酷すぎるイメージがあった。

増田もそんな感じなんだろうか?

毎年、女子バスケリーグが来てるようだけどな。

ちなみに12月に来るのはバレーボールⅤリーグ。首都圏からも観戦に来る知り合いがいるのだが、横手の住民ではないので情報の提供ができない。

横手市・増田近辺の方の情報、お待ちしています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2011-10-25 12:19 | 管理人の疑問&管理人からの質問

釈迦内柩唄

花岡事件について、くんぼう氏と腋から失礼します氏のやり取りを見て、釈迦内柩唄を想いだした次第である。

これは芝居用の戯曲である。作者は小説家として高名な水上勉

この話は東京に行くと通うことが多い、杉並区の沖縄料理屋さんのマスターのお母様から聞かされた話である。お母様は若いころ劇団に入団されていたとのことであり、特に反戦・平和関連の芝居やそれに関する運動に参加されていたとのことである。沖縄戦終了前後にお店にいくと、沖縄戦に関する物語や詩の朗読も行っている。

ちなみにお母様は、沖縄出身者ではなく宮城県岩出山出身の生粋の東北人である。

話の中身は、秋田県北部の釈迦内村(現在の大館市釈迦内)で家族で火葬場を切り盛りしていた一家の話である。火葬場の管理・運営を行っていたため、周囲の人から差別・偏見の目で一家は見られていた。

そんなとき、釈迦内村に隣接する花岡町で外国人労働者が脱走し、火葬場に逃げ込んでくるという話である。

モチーフはご覧のとおり、花岡事件を題材にしている。

腋からシツレイシマス氏のコメントに、鉱山に関するものは大方撤去されたとある。事件の慰霊記念館は昨年誕生した。

自分はこの花岡事件は政治的に秋田県の大きなネックであり、逆に防波堤でもあったのではないか?と思っている。

南京事件朝鮮人従軍慰安婦
の問題は、保守論壇と新左翼・中韓側と今でも虚実を巡って激しい論戦が行われている。

しかし、花岡事件は中国人労働者を劣悪な環境で働かせ、差別・虐待・弾圧が行われていた確固たる事例である。

保守派にとってみれば避けたい事例であることに間違いない。保守寄りの自民が政権を獲ってい間は秋田県、特に北部の発展がなかったのはこの事件に触れるのがいやでその存在を忌避されていたからかもしれない。

しかし、確固たる証拠が出そろっていたため、戦前の事件を掘り返して政治運動を行ってきた新左翼・プロ市民の流入を防ぐことができたとも考えられれる。院内銀山に関しては、戦後共産党や社会党が大挙して湯沢にやってきて、朝鮮人労働者の強制連行の証拠を探そうとしたそうである。しかし、出稼ぎ労働が証明されたため政治活動を行わずに退散したそうである。

戦後66年に経ち、花岡鉱山には放射性物質を含んだ焼却灰・瓦礫の受け入れという新たな政治問題が降りかかりそうである。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2011-10-24 07:41 | 「覚新」教育!!

弘前と比べる2011

今年は24年ぶりに弘前城の天守閣に登った。
c0184178_22461038.jpg


弘前城を訪れた回数をかなりの数である。

一方で久保田城(千秋公園)に行ったのは2008年が初めてで、まだ1回しかない。

城は両方とも、平山城形式だが、久保田城の方がより山城に近く、堅固さでは久保田城の方がいいのかなと。(ただし、観光地として歩く分には弘前城の方がはるかに楽。ちなみに仙台城はもっとキツイ

c0184178_22504263.jpg

弘前城天守閣。3層天守だが、本来は5層天守。江戸時代初期の天守閣は5層だったが、雷が落ちて燃えてしまった。(雷で焼失した天守は多い。避雷針のない時代なので、高層建築だった天守閣は雷が落ちやすいからである。)
特徴的なのは屋根飾り。表から見える方は立派な飾りがある。
c0184178_22544923.jpg

裏側は飾りがない。これは経費削減のためでもあるという。内部構造も戦国時代の天守と同じになっている。(戦国時代の天守閣は最後の砦であり、大名の居住する場所ではない。安土桃山時代後期より居住場所として扱われることになるが、天守のある城でも江戸時代になると本丸御殿で暮らすのが普通だった)。

こういった部分に青森人(津軽人) の合理性を見ることができる。

しかし弘前城にはさらにびっくりなことがある。

城内で豊臣秀吉を祀っていたことだ。

2代藩主の信枚は、徳川家康の養女である満天姫を正室にしていた。養女と言えど家康の娘と結婚しているのだから、徳川家とは親戚なのである。

しかし、津軽氏を大名として認めたのは秀吉である。秀吉が関白に就任したとき、東北の大名で真っ先に恭順したしたおかげで、秀吉から一目置かれた。津軽より後に秀吉に謁見した南部氏は津軽氏より下に見られていた。そのため、南部がいくら、津軽が下剋上で南部に反乱を起こしたと訴えても秀吉は相手にしなかった。(これが津軽・南部の対立の原因になる)

秀吉は死後、豊国大明神として祀られたが、豊臣家が滅びると幕府は豊臣崇拝を根絶するため、神社を破却して町中で秀吉を称えるような発言したものは徹底的に処罰する制度を設けたほどである。
c0184178_2383539.jpg

写真は2008年に訪れた京都市東山区にある豊国廟。秀吉の霊を祀った廟である。無論、江戸時代は朽ちていたが明治・大正期に再建されたものである。

弘前藩主は大名として認めてくれた秀吉を江戸時代終焉まで城内で祀っていたのである。(ただし祀られていた部分は藩主以外に入れない厳重管理区域だった)。

合理性と巧みなダブルスタンダードが津軽人の逞しさであり、秋田人にはないものだろうと思う。

青森市にはアウガという公設の商業施設がある。地元ではあまり評判が良くない(債務超過などの問題で)が、青森はこれがメインである。似たような複合公設施設を無駄に(アトリオン・アルヴェ・そしてにぎわい交流館)に持ってる秋田市より合理的ではないか。

c0184178_23123956.jpg

弘前市のマスコット、たか丸。今年が弘前城築城400年ということで誕生したマスコットである。俺的には、秋田NHのビッキーより可愛いかな・・・

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2011-10-23 23:14 | 秋田と他県の比較コーナー

いわき市と比べる

子供の頃、周囲のジジ・ババが福島の「ジョンバハワイ」に行きたいとか、行ったとか言っていた。

ジョンバハワイとは常磐ハワイアンセンターのことである。現在のスパリゾートハワイアンズのことだ。訛りが激しいとこういう言い方になる。

ハワイアンズのあるいわき市は東北最大の炭鉱の町だった。

しかし、石炭の輸入が本格化すると寂れていく。そこで人々は常磐ハワイアンセンターを誕生させた。いわき市とハワイに直接的な接点はないが、これが大成功して現在に至る。無論、設立当時は大きな反対もあったし、10年で潰れるとさえ言われた。

寂れた始めた炭鉱の町に、炭鉱関係者でハワイに似せたリゾート施設を創るという発想が素晴らしいと思う。

このような奇想天外な発想は秋田人に無理だろう。

ちなみに由利本荘市岩城は、元をたどればいわきの大名だった岩城氏が移り住んだ場所だが、移り住んだ場所が悪かったか、秋田風思考に染まってしまったのだろうか?

そういえば秋田にはリゾート施設と称されるものがあっただろうか?そもそもそのようなモノを造る環境じゃないっていか・・・

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2011-10-22 14:27 | 秋田と他県の比較コーナー

北秋田市の「マッド市議」

マッド市議とは、北秋田市の元市議会議員M氏のことである。

2011年9月27日に自宅とつながった車庫から出火。

29日に自宅斜め向かいの知人(遠い親戚でもある)の所有する空き家に無断で侵入した疑いで、建造物不法侵入で検挙された。

この火事は当初から自作自演の放が市民から疑われていた。

2010年に、隣の大館市の市有林を無断で伐採したため、窃盗(盗伐)の罪で検挙。起訴されて、今年に執行猶予つきの有罪判決が出たばかりである。(この件は控訴中のはずである)

民事裁判も起こされ、多額の賠償金を確保しないといけない状況だったため、保険金目的の放火だと直後から言われていた。

しかし自分がマッド市議と呼ぶには別の理由がある。

この元市議が所有する物件が過去に3回も火災に遭っているからである。

1番目は26年前。自宅が出火した。完全に焼け落ちるほどの大火災である。現在の家は火災後の新築されたもの。

2番目は2001年。自身が経営している林業会社の倉庫が火災。倉庫は自宅から歩いて10分もかからない場所である。

3番目は2002年。自宅斜め向かいの知り合いの空き家。選挙(当時は鷹巣町議会)に立候補するために選挙事務所として借りていた物件である。

この3件に関しては完全に焼け落ちており、人為的なものかどうかの立証は困難だったかもしれない。

しかし、過去に同一人物の物件から3件も火が出て、自作自演を疑わない人間はいるわけがない。

結局、一昨日放火の件で再逮捕ということになった。空き家侵入は身柄をとりあえず確保するための別件逮捕だったのであろう。

火付けというと、5年前に逮捕された長野の恥さらし
c0184178_11322.jpg

くまえりがいたな・・・

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2011-10-21 01:14 | 県内ニュース

もし、上小阿仁村を舞台にした特撮映画を作るなら(笑)

ガキの頃にみた、東宝特撮映画で、大怪獣バランというのがあった。
c0184178_11114176.jpg

話の舞台は岩手県。明治の近代化にも遅れ、昭和30年代になっても着物姿でガスも水道も電気もない村が出てくる。

この村ではバラダキ様という神様が信仰され、学術調査に来た東京の大学教授が村人から、バラダキ様の祟りに遭うから出ていけと警告されるが、それを無視しため行方不明になる。

教授たちの身内と友人がこの村を訪れ、調査した結果湖からバラン(古代の巨大生物)が出現した。教授たちを襲って食べていたのはバランだったのである。このバランがバラダキ様の正体だったわけだ。

自衛隊が出動し、攻撃を開始するがバランには通用せず、バランは村を飛び出して太平洋に潜伏。最後は羽田空港に上陸してくるが、特殊火薬を呑み込んで内部から爆発して退治された。

音楽は自分の尊敬する作曲家、伊福部昭先生。

動画の1曲目はメインテーマで、のちは「空の大怪獣ラドン」のテーマに流用された。

2曲目は「兵士の序楽」と言う曲のアレンジバージョンで、自衛隊と交戦する際に使用された。伊福部マーチの傑作と言われる。

上小阿仁村のような閉鎖的な東北の村というコンセプトで今回のネタを思いついた。

前に上小阿仁村を舞台に推理小説と提案したが、怪奇ホラーの方がいいのでは?という意見があったのでこのバランを持ち出した。

バランもバランが出現するまでは怪奇ホラーの様相で進行するからである。出現後は、円谷英二特撮の見せどころ満載なのだ。

映画では村人もバラダキ様の正体を良く知らず、神社の宮司も最後はバランに踏み殺されていたが、自分のアイデアでは村人は積極的に事件に関わる設定にすべきと思う。

東宝映画では未来の兵器が大挙して登場するが、現実主義者である自分は原理不明の未来兵器は出したくない。自衛隊などには通常装備で戦ってもらおうと考えている。

モンスターの名前はカミゴンなんてどうだろうか?
(安易なネームwww)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2011-10-20 11:36 | トンでも提言

スーパーセッター 佐藤美弥

15日と16日、東京にお上りしてきた。

目的地は青山学院大学青山キャンパス。
c0184178_13322251.jpg


目的は秋季関東大学女子バレーボールリーグ戦の観戦。
c0184178_13334681.jpg


自分は2年前から嘉悦大学女子バレー部を応援している。

理由はこのチームには秋田市出身選手がいるからだ。
c0184178_1335011.jpg

佐藤美弥
秋田市土崎生まれ。秋田聖霊高校時代、秋田国体で3位入賞。高校卒業後に、嘉悦大学に進学。今年が4年生なので、学生時代最後のリーグ戦になる。

c0184178_1336357.jpg

2010年には日本代表メンバーにも選抜された。ポジションはセッター。アタッカーにトスを上げるのが仕事である。世界的に170㎝代後半~185㎝ほどのセッターが主流になっている。平均身長の低い日本人女性のなかで、175㎝のセッターは貴重である。日本で175㎝のセッターは他のポジションからの転向が多いが、彼女は最初からセッターとして育成された珍しい選手なのだ。

c0184178_13421240.jpg
c0184178_13421911.jpg
c0184178_1342271.jpg
c0184178_13423523.jpg


リーグ戦は先週の筑波大学戦で負けてしまい、優勝はできず準優勝に終わってしまった。ただ、ここ最近は調子が良くなく後輩と代えられることが多かったが、最後の大一番だった東海大学(※大学最強と言われる)にストレート勝ちを果たし、自信もセット全てコートに立つという活躍ができた。
c0184178_13424238.jpg


試合後に差し入れを渡して、12月に行われるスーパーカレッジで活躍できるように祈っていることを伝えておいた。

いま、気になるのは進路である。

代表選抜経験のある選手をⅤリーグが欲しがらないわけがない。どこかへ入る可能性は非常に高いと言えるだろう。

c0184178_13474570.jpg

昨年の世界バレー3位のメンバーの一人、江畑幸子(※写真右側)とは幼稚園からの大親友。彼女の所属している日立リヴァーレに行く可能性が高いと思うが、会場にはいろいろなチームのスタッフが訪れており、どうなるかは予想ができない。

もしⅤリーグに進んだら、ぜひ秋田在住人も応援してほしいと思う。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2011-10-18 13:53 | 秋田出身の著名人を顕彰する

県南人×県北人

県内同士の人間でも微妙な違いがあるのは知っている。

しかし、同じ県の人間同士を比較しても目くそ鼻くそレベルなので、比較検討は最小限に留めておいた。

さて横手市には石坂洋二郎記念館がある。

横手駅の発着メロディも彼の書いた、小説「青い山脈」の映画主題歌である。


石坂洋二郎は弘前市出身であり、横手には教員として赴任していたというだけだが、横手市は彼の業績を称えて記念館を建てたようである。

一方、大館市はどうか?

前にも書いたように、大館市からは歴史上重要なキーパーソンともいえる安東昌益を輩出しているし、プロレタリア小説家の小林多喜二も出ている。

しかし、安東昌益は地元でもほとんど忘れ去らており、昌益が医師として暮らしていた八戸の方が彼を顕彰している。昌益は人生の最期を地元で迎えている。そのため、歴史好きが大館に来ても彼を顕彰する施設や、それを教える看板などもないため、困ったそうである。

昌益の地元、二井田が最近になって看板をやっと出し始める有様だ。

多喜二の記念碑は、奥羽本線下川沿駅にポツンと立っているだけで、わびしいものである。確かに多喜二の場合は幼少時に北海道に渡ってしまったため、厳密に言えば出身者と呼ぶのは厳しい側面もあある。

ならば、なぜ地元の人間でもない人の記念館を八戸市や横手市は建てたのだろうか?

やはり、県南人に比べて県北人はより閉鎖的なのかもしれない。大曲から横手まで広い平野になっているし、横手は一時期山形の最上氏に支配されていたときもある。大館・鷹巣・上小阿仁はそれぞれが山で遮られており、県北という枠組み中でもさらに個別化している。

1947年の民選知事選がはじまってから、今年で64年。

そのうち、小畑知事と佐々木知事の二人だけで42年。どちらも県北人(小畑知事は田代町出身、佐々木知事は小坂町出身)である。

いつしか、県北スタンダード秋田スタンダードとなったかもしれない。

しかし、それは微視的なもので巨視的に視ればやはり、たいしたことはないのかもしれない・・・

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2011-10-14 06:45 | 「覚新」教育!!

カテゴリ

全体
お知らせページ
ココが変だよ告発記事
管理人の疑問&管理人からの質問
トンでも提言
県内ニュース
秋田出身の著名人を顕彰する
「覚新」教育!!
上小阿仁村問題
秋田駄目っぷり紀行
秋田駄目っぷり写真館
秋田と他県の比較コーナー
秋田バレーボール情報
その他ニュースに怒る!!
未分類

最新の記事

停止
at 2014-04-17 03:46
秋田県だけの特殊事情とは?
at 2013-12-31 16:27
秋田県は住みにくい?
at 2013-02-14 04:24
スカートの裾を踏む
at 2013-02-08 05:03
シダックス グループ約1,2..
at 2013-02-03 18:46

リンク一覧

タグ

検索

記事ランキング

ブログジャンル

東北
時事・ニュース

画像一覧