47都道府県中、最も近代化に遅れて最悪を更新し続ける秋田県の最低な状態を告発していきます!!


by ilovejt15

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 04月
2013年 12月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

Yesterday An...

ブログパーツ

ライフログ


VOLLEYBALL (バレーボール) 2012年 05月号 [雑誌]


わさお (小学館ジュニアシネマ文庫)


ヨーロッパの解放 [DVD]


ツボミ~一期一会~


おれはやらない、お前もやるな。―あゆかわのぼるの平成あきた大点検5

ファン

その他のジャンル

<   2010年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

7月25日の秋田駅付近の様子

文章は少なめに。写真を中心に更新。

c0184178_133440100.jpg

閉店セール中のイトーヨーカドー秋田店。秋田では、閉店セールになった途端、人が殺到するとか・・・
c0184178_1335398.jpg
c0184178_13354786.jpg

秋田駅西口の様子。弘前駅付近よりは人は歩いているが、八戸市の本八戸駅付近よりは活気がないように思う。
c0184178_13365089.jpg

駅→イトーヨーカドー→本金西武をつなぐ空中回廊のアーケードとその下のアゴラ広場。ちなみアゴラとは古代ギリシャで「広場」を意味する言葉。直訳すれば「広場 広場」である(笑)。

c0184178_13381917.jpg

広小路付近。奥に昨年1月で廃業したホテルハワイが見える。

c0184178_13413871.jpg

イトーヨーカドーから本金西武側に向かうアーケードの下。しかし日曜日にしては人が少ないよう思える。もっとも盛岡駅周辺と比べては可哀想なのだが・・・

ざっとこんな感じである。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2010-07-29 13:43 | 秋田駄目っぷり紀行

秋田県には特産品も名産もない?

こんなことを書くと

比内地鶏があるだろう

ハタハタがあるだろう

などと言われそうだが・・・

今回、宮崎で発生した口蹄疫

多くの畜産農家が大打撃を受け、大変だったわけです。

しかし、自分が着目したのはその飼育されている家畜の多さ。

宮崎がここまで畜産に力を入れているとは知らなかった。

日本は明治の近代化以前は肉食を禁じられていたので、これは近代に入ってから盛んになったと思われる。

秋田は米が上手いと言われることは言われるが、それ以外の農作物に関してはあまりにも脆弱である。

米以外に秋田の産物と言われるものがあるだろうか?ブランドになって流通しているものはほとんどないのではないか?

津軽リンゴは日本一有名である。

それを発展させたのは、弘前藩の元士族だったという。

給金をもらえなくなった士族たちはリンゴを栽培し、生計を立てたのだ。それが青森を有名にする原動力につながっているのは間違いない。

また海産物を例にとっても、養殖業が盛んな宮城県などが東北にあるが、秋田県で養殖を行っている話はあまり聞かない。単に勉強不足なだけかもしれないが。

ホタテ養殖が盛んなのも青森だが、皮肉にもそれを確立したのは湯沢の人らしい。

なぜ秋田でやらなかったのか?これも自分の疑問の一つである。

単に青森のほうがやりやすかったから。ということも有り得る。

これは邪推であるが、秋田人がホタテ養殖に興味を示さなかった。もしくは、「山の中の湯沢出身者が偉そうなことをするな」と沿岸部の人間に冷たくされたからではないか?と考えている。

米の産地とはいうが、米自体はどこでも古くから作られているものであり、ブランド化するにはもう一工夫が必要だったであろう。

比内地鶏をアピールしようとしたが、県が取った方法はわけのわからん施策のみ。

宮崎の畜産は古くから県が奨励したものだと聞いている。秋田県が宮崎の奨励政策並みに比内地鶏養鶏を推奨したことがあっただろうか。

ハタハタにしろ、沿岸部に来たものを捕らえて食っているだけではないか?

結局、一番安定した(作り方が安易な)稲作のみをダラダラと続けているというのが現状だと自分は思っている。

畑作は連作障害が起こる。

魚の養殖、家畜の飼育は動物を相手にしているわけで世話が大変である。ヒトならば、痛いとか苦しいと訴えるので病院に連れて行くことも出来るが、動物は言葉を話さない。そのため、日ごろの健康管理にはヒト以上に神経を使う必要が出てくる。

鹿角では北限の桃を本格的に売り出そうとしている。

県は米以外の農作物、海産物の奨励をすべきと思う。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2010-07-27 17:12 | ココが変だよ告発記事

戊辰戦争時の秋田藩はWWⅡ時のイタリアに似ている?PARTⅤ

ここまで書いていてあれだが、別にイタリアと秋田藩に似ている部分ってあまりないですね(笑)。

ようは味方の足を引っ張ったという表面的な事例だけが、やや似ているだけで、調べれば調べるほど似ていない・・・

イタリアは積極的(あくまでムッソリーニの思惑で)に動いて、足を引っ張った部分があるが、秋田藩は受動的である。

イタリアはギリシャ危機の二の舞が不安視されている。

サッカーやバレーが強く、豊富な観光資源を抱え、フェラーリからファッションに至るまで多くの高級ブランドで日本の女の子の憧れでもあるが、根っこの産業基盤は弱いらしい。特にナポリなどの南部は相当な貧乏だと高校時代に教えられている。

江戸時代の秋田藩は秋田杉のブランドで儲け、山を掘れば銀が豊富でそれだけで食えた。

その資金は文化・芸術活動に浪費されたという。秋田蘭画はその代表である。

文化活動に没頭しすぎ幕末の政治情勢・近代化にまったく対応できなったと司馬遼太郎も紀行文で指摘している。

また角館佐竹氏には公家の血筋が入っている。

(角館佐竹氏初代)佐竹義隣の実父は京の公家・高倉家の高倉永慶であり、義隣は高倉家からの養子である(母が佐竹家の娘)。また、2代佐竹義明も公家・三条西家一門である西郊家の西郊実号の娘を正室に迎えた事から角館には多くの京文化が移入された。高倉家は衣文道の家元であり、西郊家の本家にあたる三条西家は歌道と香道の家元であった。西郊家じたいも歌道を代々伝承する家柄である。角館には小倉山などの京にちなんだ地名が見られるが、公家の出である義隣が京を懐かしんで付けたものだといわれている

Wikiより転載

イタリアも文化の面では優れてはいるが、政治では?が多いという気がする。

その辺も若干、似ているかも。

そういえば今の知事は

角館佐竹氏の子孫

である。

やたら、美術館のことで躍起になっているのは先祖返りか?

自分で書いておいて言うのもあれだが、冒頭の第二次大戦の話はなんだったのだろうか・・・

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2010-07-25 22:57 | 「覚新」教育!!

戊辰戦争時の秋田藩はWWⅡ時のイタリアに似ている?PARTⅣ

随分、遠回りして本題である(笑)。

東北諸藩で秋田藩は異質なところがあった。

神道家の平田篤胤の影響で攘夷思想が強かった。特に若い藩士に多く、実際は上級の年寄り連中は手をこまねいたらしい。秋田藩は最終的に明治政府側についたが、藩の総意とは言いがたい。この部分は、ムッソリーニと軍部・イタリア王家の状況と似ている部分がある。

公家の九条総督、同じく澤副総督などが東北へ出兵。実際は長州の世良修蔵と薩摩の大山格之助が指導者である。九条総督は仙台に残り、澤副総督と大山参謀が庄内へ侵攻した。しかし、庄内藩は軍の近代化に成功しており、新政府軍はまったく相手にならなかった。

長州は一度、賊軍にされた恨みで会津には凄まじい恨みがあった。米沢と仙台は会津の助命嘆願に奔走していた。しかし、世良が「奥羽はすべて敵」という書類を庄内討伐に向かっていた澤副総督・大山参謀に送ったが、福島藩士がそれを手に入れて仙台・米沢に通報。

激怒した仙台藩士などが、世良を暗殺した為、東北戊辰戦争が勃発してしまう。奥羽越列藩同盟が結成されて全面戦争になった。

庄内で敗北した澤副総督・大山参謀は秋田に逃げた。また、仙台で軟禁された九条総督一行はのち、許されて盛岡へ移動したが、盛岡藩はどっちつかずで動かず。新政府軍は盛岡に大きな期待を寄せていたともされる。しかし、盛岡が動かないので弘前藩へ移動した。しかし、弘前でも相手にされず、最終的に秋田へ逃げ込んだ。秋田藩は状況にまったく対応できないうえ、総督と副総督にまで逃げ込まれたのである。

平田篤胤の影響で過激な攘夷思想が強かった秋田藩が新政府にとっては動かしやすい相手だった。

仙台と盛岡は使者を送って、早く奥羽越列藩同盟側に動けと催促した。しかし、大山参謀にそそのかされた攘夷派藩士が使者を皆殺しにしてしまう。自分が横手にバレー観戦に行った7月4日がその日である。

無論、藩上層部は全く対応できていなかった。しかし、これが原因で今度は同じ東北諸藩から攻められる羽目になる。

庄内藩は特に勢いが強く、現在の千秋公園(旧・久保田城)の12kmまで攻められたという。また、盛岡も侵攻を始め国境の十二所(現在秋田県大館市)が落とされ、大館城(現在・桂城公園)城代の佐竹大和は城に自ら火を放って退却した。

秋田藩の装備は劣弱だったという。新政府にケツを叩かれて庄内へ向かったときは、鎧兜に槍・種子島銃という有様で、戦国時代さながらだったという。

大館はさらに酷く、見かねた弘前藩がこっそり洋式銃を援助したとも言われている。農民・町民も動員されたが、武器は竹槍だったらしい。

大館側はさらに敗北し、能代まで撤退した。運良く能代には港があったため佐賀藩の援軍が船で駆けつけた。これで勢いを取り戻し、新政府軍を盛岡藩を追い返すことに成功した。

能代市二ツ井の寺には戦死した佐賀藩士の墓があり、現在でも大事に供養されている。

自ら望んでドイツと同盟を結んで足を引っ張ったイタリアとなにもかも同じにするのは無理はあるが、近代化に遅れて状況分析に劣悪だったのは事実である。

また、イタリア同様に領内が戦場になってしまったのも嘆かわしい。

戊辰戦争後、官軍側の兵士がこんなことを言っていたという。

花は会津 難儀は越後 もののあはれは秋田

意味は、「会津は思った以上に苦戦しなかった。越後は長岡が強かった為苦戦だった。秋田は助けるのが馬鹿馬鹿しかった」という意味らしい。

会津は降服しても、長州の恨みで遺体を埋葬することさえ許されず、非人道的な仕打ちを受けた。

庄内は最後まで交戦し、しかも一番新政府軍を苦しめたにもかからずお咎めは少なかった。

盛岡は会津同様、一時期領地を召し上げられて藩主は白石に押し込められた。

庄内と盛岡の戦後処理にはおかしい点がある。これは確かめる方法がないので自分の勝手な推論だが、盛岡は新政府の味方になってくれると期待されていたにも関わらず、裏切ったことに対する報復でないか?

庄内方面は薩摩出身の大山参謀が指揮を執っていた。薩摩は典型的な武士道の持ち主が多かった為、敵であっても信念を貫き通し、果敢に戦った姿勢が好印象を持たれたのかもしれない。ちなみに大山格之助は初代鹿児島県知事、大山綱良である。大山は西郷に同調し、鹿児島県をあげて援助した。そして西南戦争の首謀者の一人として処刑されている。

一方、秋田は・・・

靖国神社が創建された直後の式典で、秋田藩の重役だった初岡敬治が、秋田を不当に扱う新政府に抗議活動をしたという。

戊辰戦争時に味方の新政府の足を引っ張ったのが何をいい気にと思われたのか、当時新政府内であったクーデター事件の関係者の一人として処刑されてしまう。

さらに近代陸軍の創始者だった大村益次郎襲撃犯に、北秋田市阿仁の郷士、金輪五郎がいたため益々信用を失ったという。

さらに秋田藩贋金事件(でっちあげという噂である)などもあり、新政府の懲罰を逆に受けるはめになったようである。

これは当時の中央で、開国に向けた政策の一環のなかにあって平田篤胤の過激な国学思想の影響を受けた者を排除したいという意向が働いたらしく、一般的に平田派国事犯事件と、呼ばれるという。

皮肉なことに、御一新直後は平田派国学を廃しながら太平洋戦争時にはその気風が突然変異で軍部に影響を与えているのも悲しいかな。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2010-07-25 22:37 | 「覚新」教育!!

戊辰戦争時の秋田藩はWWⅡ時のイタリアに似ている?PARTⅢ

地中海方面はイギリスの支配下にあり、イタリア軍を動かしてなんとかしてもらいたいというのがヒトラーの考えだった。

軍部は否定的だったが、ムッソリーニが無理やり命令を出して戦いが始まる。また、アフリカにはイタリアの植民地が有り、特に東アフリカでは孤立していた。

イタリア軍は20万の軍を動かしてエジプトへ侵攻した。エジプトには7万弱ぐらいしかいなかったが、まるで歯が立たず敗北。

さらにイタリア軍はギリシャへも侵攻していた。しかし、何度攻めてもギリシャを負かすことはできなかった。元々、ムッソリーニだけが戦争をやりたがっていただけで兵士(つまり一般国民)はあまり乗り気ではなかったためだという。兵員の質と軍の近代化が遅れていたことが原因だった。

ギリシャが勝ち、さらに北アフリカでもイギリスが勝てば地中海はイギリスの支配下になりドイツは背後から牽制される羽目になる。

すでに独ソ戦を意識していたヒトラーにとっては大きな障害だった。作戦開始日は1941年5月15日だった。

しかも、親独ユーゴスラビア政権が軍部のクーデターで崩壊したため、ユーゴの内紛にも手を打たねばならず、ドイツ軍はロシア侵攻作戦を6月22日に延期した。ちなみにこの日は遡ること129年前にナポレオンロシアへ侵攻した日と同じである。また、北アフリカには名将、ロンメル将軍が派遣された。

さらに話は逸れるが、ロシア侵攻直前に日本の駐独大使、大島浩陸軍中将はヒトラーの別荘に特別に呼び出された。大島は幼少時よりドイツ式の生活をしつけられていた為、ヒトラーからの信用が厚かったようである。

そこでヒトラーは独ソ戦をほのめかしたという。大島はその情報をすぐに本国へ送った。ちなみに外務省が使用していた暗号は1941年の時点でアメリカ側にかなりの部分が解読されていたという。こういう外務省のミスは現在に至るまで日本の首を絞めている。

この結果、日本国内ではソ連に対抗する北進論とアメリカとの開戦を主張する南進論でおおいに混乱することになるが、これは割愛する。

ドイツはソ連へ侵攻した。当初はソ連軍は作戦のミスで大きな損害を受けたが、シベリアの部隊をモスクワへ移動するなどして必死の防戦を図り、ドイツの攻撃を防いだ。

失敗の原因は色々有るが、ヒトラーの作戦目標変更と冬季戦の不十分にあるという。モスクワの直前で主力を南方へ向けたため、モスクワは要塞化されてしまった。さらにシベリアの増援が来て防御が強固になる。

そこへ冬将軍が来た為、モスクワへ侵攻ができずドイツ軍は目前にして撤退したのである。

2chなどでは、同盟軍であるイタリアがへまばかりしたため(ギリシャ・エジプトへ作戦の失敗)だと論議され、いつしかヘタリアという2ch用語まで誕生してしまう。意味は「へたれなイタリア

ドイツびいきの軍事マニアには「ドイツ軍最大の敵はイタリア軍」と。言われる有様である。

無論、先ほども述べたように戦争をやりたがっていたのはムッソリーニだけで多くのイタリア人は消極的だったからだと言われている。

1943年にムッソリーニは国王の信頼を失って失脚。パドリオ政権が誕生したが、今度はイタリア駐留ドイツ軍に国土の半分を奪われて降服したにもかかわらず、終戦まで国内で連合国とドイツ軍が交戦することになり、最期まで散々な目にあった。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2010-07-25 21:02 | ココが変だよ告発記事

戊辰戦争時の秋田藩はWWⅡ時のイタリアに似ている?PARTⅡ

ノルウェーの連合軍が撤退したのは、ドイツ軍が「ファル・ゲルプ(黄色作戦)」を開始し、フランスへ侵攻を開始したからである。

フランスとドイツの国境は開戦から動きがほとんどなく、小競り合いもなかった。そのため、ファニーウォー(おかしな戦争)と揶揄されていた。

ドイツ参謀本部では、WWⅠ同様に低地諸国(オランダ・ベルギー・ルクセンブルク)を攻略してフランスへ侵攻する案を検討中だった。俗に言う「シュリーフェン計画」である。名前の由来はWWⅠ時の参謀本部次長のシュリーフェンの名前から付けられている。

しかし、作戦直前に参謀本部の偵察機がベルギーに不時着。偵察機には参謀将校が乗っており、作戦計画書が敵側にもれた可能性が出てきた。

そこで参謀本部のマンシュタインが立案した計画に急遽、変更される。もともとWWⅠ時の作戦にヒトラーが不満を抱いていたのも原因である。

この計画にはドイツ・フランスの国境にあるアルデンヌの森を突破する奇襲が盛り込まれていた。フランスはこの森を自然の要塞とし、さらに森がきれる辺りには国家予算のほとんどをつぎ込んだというマジノ線という巨大要塞があった。さらにドイツ軍がシュリーフェン計画を採用すると本気で考えており、主力はベルギー方面に配置し、国境付近は手薄だった。

ドイツ軍はABCの3軍にわかれ、B軍集団はオランダとの国境に。C軍集団はマジノ線に配置したが、これは陽動作戦である。本隊はアルデンヌの森に配置されていた。

5月10日に侵攻が始まり、オランダは4日で占領された。(陽動部隊にも関わらず)

ドイツ軍は戦車を主力した、世界初の近代的装甲師団を編成し、奇襲戦法でフランス・ドイツを圧倒した。あくまで決戦を避け、重要目標のみをピンポイントで撃破していくのである。決戦になりそうな場合は空軍が地上支援をしてこれを撃破した。この戦術をブリッツ・クリーク(電撃戦)と言う。

当時のフランスの戦車はドイツより高性能だったが、戦車は歩兵を支援するというWWⅠ時の思想に囚われており、役に立たなかった。この奇襲戦法で連合軍はドーバー海峡側に追いやられ、後にダンケルクから撤退せざるを得なかった。

主力がイギリスへ退却した為、パリを守りきれず6月14日にフランスは降服し、ビシーフランスが誕生した。

さて、イタリアが出てくるのはここからである。

6月10日にイタリアは英仏に宣戦布告し、南仏へ侵攻を開始した。おこぼれを頂こうという腹だったらしい。

この後、ドイツ軍はイギリスへの一大航空戦を展開した。所謂、バトル・オブ・ブリテンである。ヒトラーはあらかじめ、イギリスへ降服勧告をおこなったが、数々の失策で政権を維持できなくなったチェンバレンに代わって強硬派のチャーチルが首相になっていたため、無視された。

イギリス本土を経済封鎖し、降服に持ち込もうとしたのだが失敗。上陸作戦を実施することになり、イギリス空軍の壊滅作戦を開始した。ただ、ドーバー海峡を越えないといけないドイツ軍と自分の国の領空で戦えるイギリス軍ということでドイツ軍には不利だった。ドイツの戦闘機は大陸内の戦いを想定していたため、渡洋攻撃には向かなかったのである。

航空機による無理な攻撃はドイツ軍の損害を多くしてしまい、イギリス攻撃は最終的に放棄される。このときの有名な話に、暗号解読器の話がある。

エニグマという暗号解読器がある。ドイツ軍はそれを利用して自国の暗号無線を傍受し、解読して使用していた。

イギリス軍は大戦初期にはドイツ軍からエニグマを押収していたという。ドイツ軍はそれを知らない為、暗号無線を送る。当然、イギリスはそれを傍受・解読していたらしい。1940年9月15日のロンドン大空襲も事前に察知していたらしいが、国王以下市民がみなロンドンからいなくなれば、イギリス側に暗号が解読されたということで暗号のパターンを代えられるかもしれない。そこでイギリス政府は疎開命令をあえて出さなかったという。

ドイツの快進撃を見ていた日本はイタリアと一緒に、三国軍事同盟が9月27日に締結された。所謂、悪の枢軸が誕生した瞬間である。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2010-07-25 20:27 | 「覚新」教育!!

戊辰戦争時の秋田藩はWWⅡ時のイタリアに似ている?PARTⅠ

今日、護衛艦を眺めていたらふと思い出した。

戊辰戦争時の秋田藩の存在感とWWⅡ時のイタリア軍の雰囲気に似通っている部分があると。

まず、WWⅡ時の簡単な話から。(とはいえ、今回は長い)

ムッソリーニが政権を奪取してから、所謂ファシズム(全体主義)が流行り始めたわけである。

1937年、それまでの日独防共協定に国体の似通ったイタリアを加えて、日独伊三国防共協定が誕生した。

しかし、ドイツはポーランドへの軍事侵攻を模索していた。当時、東プロイセンとドイツ本国の間(ポーランド回廊)はWWⅠ後に、新生ポーランドへ割譲されている。そのため、東プロイセンはドイツの飛び地状態だった。

そのため、ソ連と裏取引をしたのである。ポーランドを分割統治しようと・・・

ポーランドは長い間、ドイツとロシアに挟まれ、領土を奪われたりする歴史を繰り返していた。スターリンも再び、ポーランドが欲しかったのかもしれない。

この両者の利害が一致した為、独ソ不可侵条約が締結された。しかし、ドイツと日本が手を結んで、共産主義革命の勢いを封じるという防共協定の存在価値はなくなり、当時の平沼騏一郎総理大臣はドイツが共産側と手を結んだショックで内閣総辞職してしまう。ちなみに平沼総理は、「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表の養父である。

ヒトラーはポーランドに領土返還を要求していたが、拒否される。

当時のイギリスのチェンバレン首相は、ノムヒョン大統領並みに、ドイツに対してを太陽政策を実施していた。ヒトラーのほしがる物を与えていれば、世界平和が保たれるという考えだったらしい。しかし、さすがにポーランドへの圧力には我慢しきれなくなっていた。

ヒトラーはチェンバレンを甘く見ていたらしく、ポーランドを攻めても何も言わないだろうと判断し、9月1日に侵攻を開始する。9月3日にはイギリスとフランスがドイツに宣戦布告し、WWⅡが始まった。

9月17日にはソ連が東ポーランドへ侵攻し、ポーランドはまたしても国を失って分割された。ポーランドは近代化に遅れていたらしく、近代兵器である戦車がほとんどなかった。ドイツ軍の戦車隊に、日露戦争のころにように、槍騎兵で立ち向かったといわれている。

当時、ドイツの第2次産業を支えていたのはスウェーデンから輸入していた鉄鉱石だった。しかし、海路での搬送だったため、世界三大海軍国
だった、イギリスの妨害に遭うのは明らかだった。

イギリスの海軍大臣、チャーチルは連合軍をノルウェーに上陸させて、ドイツ軍に備えようと考えていたが、なかなかチェンバレンは動かない。

一方、ドイツ海軍総司令官のレーダーも、同じ考えを持っており早急にノルウェーを占領しようと画策。

1940年4月9日、ヴェーゼル演習作戦を発動し、中立国だったデンマークをドイツ軍はたった2時間で占領する。そこから、艦隊をノルウェーに派遣して上陸した。

しかしノルウェー軍の反撃で、ただでさえ少ないドイツ海軍は損害をこうむる。(大型巡洋艦のブリュッヒャーが撃沈されている。当時、ドイツ海軍には大型巡洋艦は数隻しかなかった)しかし、上陸自体は成功し、ノルウェーはその大半がドイツに支配された。

イギリス海軍はすぐに援軍を派遣。上陸支援中だったドイツ艦隊と交戦。ともに指揮官が戦死する壮絶な海戦だった。さらにイギリス軍は空母機動部隊を派遣、4月13日には上陸支援中のドイツ海軍は壊滅してしまう。

その後もノルウェーでは両軍の死闘が続いたが、6月には連合軍は撤退を開始した。撤退の途上、ドイツ海軍の戦艦、グナイゼナウ・シャルンホルストと交戦したイギリス海軍の大型空母、グローリアスは撃沈される。しかし、これは上層部の命令に背いた形になり指揮官が辞任した(更迭という話もある)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2010-07-25 19:10 | 「覚新」教育!!

馬鹿馬鹿しい

明日、海自の護衛艦が秋田港に入港するので、そのイベントのために秋田市へ行く。

一応、中心市街地の様子をつぶさに見たいのだが、駅前駐車場の料金の値段が馬鹿馬鹿しいのでどうしようかと考えている。

いっそのこと、港に車を置いてバスか電車で秋田駅に移動したほうが料金が安上がりではなかろうか?

バスはともかく、本数の少ない奥羽本線(男鹿線)は当てにはなりませんな。ましてや、秋田港から土崎駅までは徒歩だと結構な距離だし。

前にも書いたが、秋田港に引き入れてある貨物支線を通常営業路線にできないものか?

秋田港でも(それなりに)イベントがあるので、そのほうが中心となる秋田駅から土崎までの移動が良くなると思うのは俺だけか?

おまけ画像
秋田港(土崎地区)出身の
c0184178_18535560.jpg

江畑幸子選手。

また、このネタか・・・

とは言わないで。

彼女は今月末から、イタリアのトリノで行われるトリノ国際大会のメンバーにも決定し、遠征に向かう。

夏のワールドグランプリに出場する可能性がますます高くなった。

場合によっては10月からの世界選手権にも出場の道が開けている。

ただし、今年のワールドグランプリはここ数年の低視聴率が災いしてゴールデンの放送がないはず。(フジテレビ系)

ましてや世界選手権はゴールデンタイム放送であってもTBS放送枠なので、秋田の人は地元の選手が出ていても見ることができないのだ・・・
c0184178_1953292.jpg

ワールドグランプリは深夜放送という噂もあるが、眠い眼をこすってでも彼女を応援してあげてほしい。
(背中を向けているのは韓国ナショナルチームのエース、キムヨンギョン)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2010-07-24 19:08 | ココが変だよ告発記事

秋田の歴史を知れ

大館市、早口地区では地元の歴史を学ぶ一環として、川渡りを行っている。

これは弘前藩主が参勤交代で江戸へ向かうさい、早口川を渡る様子を再現した行事である。

江戸時代、橋のない川が多く、川越え人足が人を運んでいた。特に大井川が有名だ。大井川は江戸を守る重要な戦略拠点であったため、川に橋をかけなかったためである。

早口地区以外にも、地元の歴史をもう一度見つめなおそうという動きは全国にある。

NHKの「ふるさと一番」を観れば、こういった事業の一環を垣間見ることができる。

さて、地元の歴史を見つめなおすということは良いことではあるが、それを活かさないと意味がない。

単に廃れたお祭りを復活させて町おこしというだけではない。

時に、なぜ駄目になってしまったのか?という歴史を学び、同じ失敗をしないようにするにはどうしたらいいか?という反面教師的利用方法があるのである。

明治の近代化以降、現在に至るまでの秋田の産業・教育の育成はどんな流れだったのか?政治家や知識人は何をしたか、何をしようとしたのか?それらから、いいことだけ抜粋するのではなく、悪い事例を積極的にかき集めた、秋田の歴史本を創るべきと考えている。

成功した方法が何回も通用するという保証はない。しかし、失敗をふせぐという一見、消極的なやり方の方が労力がすくないうえ、成果は微々たるものでも損は減らしていくことができる。

孫子の兵法に言う

引き分けは勝ちと同じ

という発想だ。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2010-07-24 17:09 | 「覚新」教育!!

なぜ秋田は私立学校が少ないのか?

北東北3県と比べても、私立(わたくしりつ)学校の少なさが目に付く。

これも自分の長年の疑問である。

とはいえ、親に聞こうが、会社の年配のおっちゃんに聞こうが、だれも答えてくれない。もしくは話を流されるかのどちらかだ。

自分がこのブログをやっているのは、このブログを読んでくれた人の中に自分の疑問に答えてくれる人がいるのでは?という期待が入っている。

ちなみに上記の質問をすると返ってくる答えは「知らない」もしくは「別になくても困らない」他県を引き合いに出すと「岩手は岩手、秋田は秋田」の何れかだ。

たとえば、青森は17校ある。

岩手は13校だ。

私学の始まりは、日本の近代化以降に少しでも優秀な人材を育成して「御一新に遅れまい」という意識から誕生したケースが多い。富山一高は、もともとは富山市の地元有力者が私財をなげうって誕生した学校である。

秋田に私学が少ないのは「優秀な人材を育成・発掘する」という発想がそもそもないからではないか?

それを追っていくと、義務教育までは成績が良くて、高校で駄目になるという理由もわかってくる(ような)気がする。

だから、秋田の中学生は学力日本一などと宣伝するのは恥かしいからやめてもらいたい。

実社会でいい成績を残せない人間が「しかし、自分は名家の出だ」と今では何の役にも立たない家系図を持ち出して、威張っているのとたいして変わらない。

農作物の出荷数が日本一だとか、加工品の生産量が日本一だとか、そういうところで頑張ってもらわないとね。

話は最初に戻りますが、秋田の私学が少ない理由をご存知の方は当方まで教えていただきたく思っております。

今回に限っては「そういうの気にしてどうするの?」とか「私学とか公立とか関係ないでしょ」という、もっともな精神論はご遠慮いたします(笑)あくまで、客観的な答えのみを知りたいわけです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2010-07-24 16:44 | ココが変だよ告発記事

カテゴリ

全体
お知らせページ
ココが変だよ告発記事
管理人の疑問&管理人からの質問
トンでも提言
県内ニュース
秋田出身の著名人を顕彰する
「覚新」教育!!
上小阿仁村問題
秋田駄目っぷり紀行
秋田駄目っぷり写真館
秋田と他県の比較コーナー
秋田バレーボール情報
その他ニュースに怒る!!
未分類

最新の記事

停止
at 2014-04-17 03:46
秋田県だけの特殊事情とは?
at 2013-12-31 16:27
秋田県は住みにくい?
at 2013-02-14 04:24
スカートの裾を踏む
at 2013-02-08 05:03
シダックス グループ約1,2..
at 2013-02-03 18:46

リンク一覧

タグ

検索

記事ランキング

ブログジャンル

東北
時事・ニュース

画像一覧