47都道府県中、最も近代化に遅れて最悪を更新し続ける秋田県の最低な状態を告発していきます!!


by ilovejt15

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 04月
2013年 12月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

お気に入りブログ

Yesterday An...

ブログパーツ

ライフログ


VOLLEYBALL (バレーボール) 2012年 05月号 [雑誌]


わさお (小学館ジュニアシネマ文庫)


ヨーロッパの解放 [DVD]


ツボミ~一期一会~


おれはやらない、お前もやるな。―あゆかわのぼるの平成あきた大点検5

ファン

その他のジャンル

カテゴリ:秋田と他県の比較コーナー( 39 )

香川県と比べる

香川が熱い!!

今年「あの」キャラが登場する映画が公開される。

ドジで間抜けで、そして一生懸命な警察犬見習いの・・・

きなこ

が映画化されるのだ。

この映画は香川が舞台とあって香川県が全面協力する。

同じ犬と言えば、我が県にハチ公あり。

と、言えどハチは生まれた場所は大館市(正確に言うと二井田村。まだ大館町と合併して市制施行される前の話)だが、有名になった場所は渋谷である。

そこがどうも本県が観光アピールに消極的な理由ではなかろうか?

無論、ハチは70年前に他界しているわけで時代考証や設定考証に莫大な予算もかかってしまう。

昨年の「HACHI 約束の犬」でアピールしたとはいえ、遅すぎたのではないか?しかもプッシュも弱い。

ここは思い切って、香川県に同じ有名犬ということで積極的に宣伝協力やら共同イベント開催やらを申し込むぐらいの気概をみせてほしい。

無論、丁重にお断りされる危険性もあるが、断られたからと言って秋田県や大館市が損を被るわけではない。

秋田犬といえば、鯵ヶ沢町にわさおがいるが、昨年はハチ公の慰霊祭のときに大館市に来ている。

今年はぜひ、ハチ公横丁の完成記念や秋田犬展覧会にゲストとして来て貰うのはいいのではないか?

あるいはシブヤ米を作った元ギャル社長は、もともとファッション関係の仕事をしていたわけでハチ公をあしらった女の子向けの洋服をデザインしてもらうのもよいかと。(小坂町の縫製工場で可愛い農作業着の作成はおこなっている)

まぁ、期待しないで見守っているよ(笑)。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2010-02-12 18:53 | 秋田と他県の比較コーナー

長崎県長崎市と比べる

今日、朝のめざましテレビで長崎市が中国人観光客への付加サービスとして

健康診断

を行っているとか。

そうえいば、アイリスのロケ地の一つである北秋田市に今年4月に

北秋田市民病院

が、開院しますが「大館能代空港」の愛称が「あきた北空港」とあるように、市民病院にも愛称をつけたらどうでしょうか?

秋田北アイリス病院とでも命名し、韓国人旅行客へ、日本の質の高い医療サービスを受けさせるわけです。

もともと日本へ旅行しに来るわけだから、富裕層であることに間違いないので検診を行うぐらいの金銭はもっているでしょう。

この長崎市の取り組み、私は応援しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2010-02-08 07:39 | 秋田と他県の比較コーナー

愛媛県今治市と比べる

元々は東北内での比較しか行わなかった当カテゴリ。

今回ははるか、南国の愛媛県今治市を比較対象にしてみました。

今治市に「野間馬保存会」というものがあります。

野間馬とは、日本原産の小型馬でこの近辺で農耕馬として飼育されていましたが農業の近代化のために昭和53年ごろには6頭しか残っていませんでした。

現在は保存会の必死の努力で80頭にまで回復しているようです。

今治市にはこの保存会が管理・運営しているのまうまハイランドという施設があるんです。

野間馬と触れ合ったりできるそうです。

これと同じような施設で「秋田犬ハイランド」もしくは「ハチ公ハイランド」というの創ってみればどうか?秋田犬記念会館には何度か行っているけどね。受付の爺さまからはやる気を感じない。最近になって秋田犬と触れ合えるようになったけど、一時期は置いていなかったからね。

今回は今治市の野間馬保存会の活動を比較検討してみました。
[PR]
by ilovejt15 | 2010-02-04 00:24 | 秋田と他県の比較コーナー

表参道を往く~青森県フェスタ~

いろいろ思うところがあり、10日間以上に渡って更新を休止しました。

無論、閉鎖などまだまだしません。何も改善されなくても、いちゃもんだけは書き続ける予定です(笑)。

先月の23日と24日に東京で女子バレーボールVプレミアリーグ東京大会があり、その観戦の為に東京へ出かけていました。

会場は千駄ヶ谷の東京体育館。

お目当てのチーム、JTマーヴェラスは苦戦の末、2日とも勝利でした。

しかし、このブログとは直接は何の関係もありません。

試合前に戦勝祈願するのが自分の務めです。

会場入りする前に原宿にある明治神宮と東郷神社で戦勝祈願するために原宿へ向かいました。
c0184178_084866.jpg

写真①明治神宮前から表参道方面を望む。

明治神宮に入ると見慣れたものが自分の目の前に・・・
c0184178_095814.jpg

写真②明治神宮大鳥居前に青森ねぶたが・・・

どうも、明治神宮と表参道で東北新幹線新青森駅開業に伴い青森県フェスタが開かれていました。田舎臭い青森県が若い女の子の街である原宿でフェスタをやるとは驚きであります。同じ田舎でも秋田県より積極的で攻撃的です。無論、中途半端な秋田新幹線より東北新幹線が通っているだけあって力の入れようは立派。

c0184178_0131350.jpg
c0184178_0132117.jpg
c0184178_0132863.jpg
c0184178_0133557.jpg

写真③B級グランプリの常連チーム、八戸せんべい汁の屋台
写真④五所川原のしじみラーメン屋台。
写真⑤黒石つゆやきそば屋台。
写真⑥鯵ヶ沢のチキンボール屋台。

明治神宮の宝物館並びにお土産ショップの近くに青森県内のB級グルメばかりを集めた屋台が並んでいました。もっとも自分が参拝したのは朝の8時ごろであり、準備中でありましたが。

c0184178_0164884.jpg

写真⑦表参道に掲げられた青森県フェスタの旗。そもそも青森県のアンテナショップは表参道にある。

秋田県 京急品川
宮城県 池袋駅東口
青森県 原宿表参道

この3つを比べても秋田県のアンテナショップは非常に地味です。品川も秋田県よりは大都会ですが、東京都内にあっては、池袋・表参道より印象の薄いエリアです。たしかにJR・京急の駅があり、東海道新幹線と羽田空港利用客でごった返してはいますが、ここを目的として来る人は少ないでしょう。あくまで乗り換え拠点としての側面が大きいですからね。

池袋や表参道は常時人が溢れており、また若いカップルなどが中心です。そこら辺を考えてのアンテナショップ進出だったのでしょう。

ハチ公でつながっているのだから、渋谷のセンター街にもアンテナショップを出したらどうでしょうか?去年はこの逆で、シブヤのギャルが秋田県で米を作ってましたけどね。

ちなみに今のコギャルは富士山も知らないそうです。まぁ、知らなくても生活にもお洒落にも困りませんけどね・・・

「アキタケン?はぁ?それ、どこにあんの?」

c0184178_0262118.jpg

写真⑧コギャルの街、竹下通り。朝早いのでギャルは出没していない。日中に自分のような容姿の人間が歩いていれば即刻、通報(笑)。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2010-02-01 00:28 | 秋田と他県の比較コーナー

弘前市を往くPARTⅡ

昨日、3年ぶりに弘前市内を歩いた。
c0184178_212364.jpg

弘前城の前に立つ、初代弘前藩主の津軽為信公の銅像。
南部に反旗を翻して弘前藩を誕生させた。弘前では英雄だが、盛岡や八戸からは憎き敵である。
c0184178_2144427.jpg

JR弘前駅。弘南鉄道の駅もある。右側が駅舎。左は駅ビルの「アプリーズ」。秋田駅よりは規模は小さいが、新幹線駅の大曲駅よりは遥に立派。
c0184178_216104.jpg

弘前駅内の自由通路。秋田駅の縮小版と見ればよい。ちなみに自動改札導入が遅く、2009年に設置された。(青森市は2005年。八戸はそれ以前からある。)実はJR秋田支社管内で、支社管内では2番目の規模だそうだ。
横手駅も改築するが、さすがに弘前駅と同じ規模にはできない。横手市とはそもそも歴史が違う。弘前市は日本で最初に誕生した市である。つまり秋田市や仙台市と同格である。(横手や大館が戦後になるまで市制を施行できなかったのは、戊辰戦争時のダメージが大きすぎたとの指摘もある)
c0184178_2111083.jpg

弘前駅の左手にある弘前国際ホテル。秋田駅前のホテルより立派に見えるのは自分が津軽びいきだからか?
c0184178_21114950.jpg
c0184178_2112161.jpg

弘前駅前にホテルや高層マンションがどんどん建設されている。弘前市では駅前の再開発が順調であり、駅前にはビルの建設予定地がまだある。駅前活性化を叫びながら、一向にはかどらない秋田市もみならってほしい。
c0184178_21133327.jpg

ビルから弘前市内を撮影。実はイトーヨーカドー弘前店の8階から撮影。弘前にはイトーヨーカドーがある。かつてはダイエーも駅前にあった。ダイエーは閉店している。大館・北秋田市の人間なら、秋田市へ行くより弘前で充分、事足りるのが現状。東北自動車と大館が繋がれば、ますます弘前へ人が流れるのは簡単に予想できる。それに青森に新幹線が開通すれば、秋田市の存在価値がさらに低くなる。(免許更新ぐらいしか用がない)大館市内から小坂JCまでは暫定2車線だが、小坂JCからは片側2車線の東北道だ。白神-大館は、もしかして繋がらないかもしれない(今の民主党政権では)。大館・北秋田の人間が一旦、二ツ井まで移動して片側1車線の高速道路で秋田市へ行くより、小坂廻りで弘前へ抜けたほうが早い。上小阿仁から下道を使っても、高速を使うのと時間はあまり変わらない。(遅い車が走っていれば尚更のこと)

県南の方は弘前へ行くことはほとんどないので、弘前を中心とした津軽地方の情報はこのブログでも逐次、紹介していきたいと考えている。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2009-11-16 21:22 | 秋田と他県の比較コーナー

歴史的イデオロギー

歴史的なつながりや対立が永劫に影響を与えるケースは多々ある。

山口県と福島県(特に会津若松市)。

青森県津軽地方と南部地方。

上二つは犬猿の仲の代表である。

一方

新潟県と山形県米沢市

は、上杉家つながりで仲が良い代表である。

秋田県は戊辰戦争時に官軍に付いた影響からか、そのほかの東北各県からいい目で見られていないのは事実だと思われる。確かに東北全域が、日本の古代から先進的な文明が進んだ、近畿・九州からみればいまだに発展途上ではあるが、秋田の途上ぶりには凄まじいものがあるとおもう。これからも発展は難しいのではないか?

歴史的イデオロギーから来る対立感情は想像以上に強いと思う。ただ、秋田人は享楽的?なのか、その辺を感じて生きている人は少ないのではないか。

自分は今まで歴史的イデオロギーをブログで書こうとはしなかったが、今回ははっきり書かせてもらう。

南部(盛岡)の後塵だけは拝むな!!

自分は津軽(特に弘前)になら、敬愛の情も持てるが、盛岡には持ちたくない。

県北、特に大館から能代までは戊辰戦争時に南部勢に蹂躙された歴史的事実がある。しかし、県北はおろか秋田市さえ盛岡の影響なしではやってはいけないのは哀れとしか言い様が無い・・・秋田県が造ったアルヴェの映画館でさえ、経営者は盛岡の業者というのは情けない!!

秋田新幹線が弘前に伸びることは未来永劫にないのだから、新幹線利用の際には盛岡駅ではなく料金が少しぐらい高くなっても、新青森駅から乗ることにする。新青森駅から乗っても、必ず盛岡を通るのだが・・・

盛岡が憎いと言うより、何にも手を打たない(打とうという発想すらない)秋田人が自分は一番嫌だね。

もっとも、自分にも何もできはしないのが悔しい限りである。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2009-11-06 20:33 | 秋田と他県の比較コーナー

南部を往く

南部とは青森県太平洋側の地域。

かつては南部氏の本拠地であり、南部馬と呼ばれる日本土着の馬の産地でもあった。奥州藤原氏の戦力を支えた歴史を持つ。

今日は三沢市の航空祭にいったため、3年ぶりの南部探訪である。
c0184178_23143257.jpg

c0184178_23144891.jpg


三沢市の人口は約42000人。新設合併前の横手市と同じくらいのはず。ただし、そのうち1万人は米軍兵士とその関係者であり、日本人の人口は合併前の大曲市とさほど変わらない。

東北本線三沢駅は市の中心部から外れており、その距離は実に2kmに達する。しかし中心部は旧横手市の駅前中心部よりは比較的、都市区画が整理されている。今日は航空祭なので人がごった返しているので普段よりは賑わっていると思う。

c0184178_23225719.jpg

完全に4車線化してはいないが、中央分離帯のある4車線がところどころにある。

c0184178_23234314.jpg

三沢空港は1日3便。大阪行きと東京行きがある。その点、大館能代空港と大差は無いが、使用機材は中型機を使用。これはMD81?のはずなので100人は乗られる。しかし東北新幹線が八戸にある以上、東京便を小型化しても問題はないだろう。にもかかわらず、このような中型機を使用しているところに日本航空の経営問題が見て取れる。

米軍基地を受け入れることはメリットもデメリットもある。しかし、航空祭の効果は絶大であり、尾張小牧のナンバーの車も来ているので、観光面での収入はかなり大きいはず。今年はETC1000円もあって、3年前とは人の数が大きく違っていた。

米軍の基地の存在は厄介な半面、その恩恵で町を大きく出来るメリットも存在する。三沢(と言うより青森県)はその辺のバランス感覚がうまいと思われる。

c0184178_23305018.jpg

三沢へ高速を使わず、十和田湖経由で移動。十和田市は合併前は十和田湖に面していない。面しているのは十和田湖町だった。しかし十和田湖へは秋田県側より十和田市を通って、奥入瀬を通ると峠越えをしなくて済むので、小坂町側より観光面で大きく優る。

c0184178_23351568.jpg

十和田観光電鉄。名前の通り、電化されている。単線だが、2両編成。路線に沿って高校や、北里大学のキャンパスがあるため学生に大いに活用されているようだ。山中を縫う内陸線や、由利高原鉄道より需要度は高い。
写真は十和田観光電鉄の本社ビル。十和田市駅と同じ建物であり、かつてはダイエーのFC店が併設されており、ローカル線とは思えない立派さ。ただし現在は再開発が頓挫している模様。

南部地域が田舎と言えど(少なくとも秋田県の同等の市町村)発展しているのは理由がある。南部地域は陳情を岩手県にするという。理由はここが旧南部藩領であり、津軽を中心とした青森県への帰属意識が低いからだ。岩手県は総理大臣を多く輩出しており、かつての岩手南部氏の父祖の土地であるから、岩手出身首相の恩恵が受けられてきたからではないかと思われる。

青森・岩手双方の力がかかるのだから、八戸を中心とした商業圏60万人は大げさの表現ではない。

ちなみに南部・津軽の対立は戦国時代より始まる。津軽へ南部が侵攻したため、津軽の豪族安東氏は秋田へ南下した。しかし大浦為信が津軽郡代、石川高信を討ったため、対立は激化。石川高信は、盛岡藩祖の南部信直の実父である。

戊辰戦争時、弘前藩は奥羽越列藩同盟にも組せず、秋田のように官軍にも属せず、日和見だった。しかし、盛岡藩兵の大館侵攻時には支援したと言う。(大館を守っていた秋田藩兵が竹やりに火縄銃だったため、それを憐れんで、密かに武器など支援したらしい。秋田藩の主力は一時、酒田攻めに向かったため大館は手薄になっていた思われる。もっとも秋田藩は兵力が激弱で久保田城を出たときは戦国時代さながらであり、官軍と戦うため新式装備で固めた庄内藩に敵うわけがなかったのだが・・・)

ところが、官軍の反撃で盛岡勢が大館から撤退したとき、弘前藩は南部側へ侵攻したという。盛岡が負けたのを見計らっての行動らしいが、この時は撃退されて退却したそうだ。しかし南部側の津軽への不信は極まったのは言うまでも無い。その南部領の一部と支藩の八戸が津軽と合併して青森県が誕生したのだから、南部は南部で独自に発展しようと努力したのは間違いない。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2009-10-18 23:55 | 秋田と他県の比較コーナー

弘前市を往く

青森市に行く際、弘前を通ります。

高速だと中心部を通りませんが、7号を使うと市内を通過していきます。

弘前市はそもそもの県庁所在地。

いろいろな思惑があって所在地が移りました。
(北海道との連携というのが大きいでしょうが、青森県はそもそも旧南部領の三八上北と津軽藩領を合わせて誕生した県。故に八戸は八戸独自で進化・発展をしており、弘前に所在地を置くことは八戸側の不満を募らせる結果になるためだったのかもしれません。青森は両方の中間地点でもありますので)

ちなみに明治維新直後は秋田市より人口が多かったそうです。

東北道上り線津軽SAから弘前を遠めに見ることができますが、秋田市をセリオンの上から見たのと同じように見えます。それだけ発展しているということです。人口は18万人ですが、秋田市以上に立派にも見えます。

青森市を往くで岡山市は秋田市より人口が少ないと勘違いしていた知り合いは、

青森県内にはスタバもない

と言っていました。

スタバがあるかどうかで発展の物差しにするというのは乱暴すぎますね。

でも、内心は秋田がなんでも負けているのがやはり嫌だったのでしょう。

あと、やはり自分の知り合いで宮崎と秋田を比較して秋田をましだと言う人間もいたのですが、宮崎は人口こそ秋田とさほどかわらない(宮崎は113万人。かつては秋田県より少なかったのですが、あまりにも秋田の人口が減り続けるので抜いてしまいました。)のですが、都城(人口17万人)延岡(13万人)など、平成の大合併以前にも10万都市が県内にあり、比べること自体宮崎に失礼かもしれません。

スタバがあるかどうか理論で説明すれば、宮崎には秋田市の一番高いビル(94m)を越すホテルが日南市だと思ったのですが、あるはずです(103m)スタバ理論で説明しても宮崎のほうが発展しているのではないでしょうか?市の人口も現在秋田市は32万5千人。宮崎は36万人。来年、さらに合併すれば40万人都市になるはずです。

前に横手市が弘前に似ていると似ていると言いましたが、国道13号が市内中心部を縦断していて、しかも4車線化しており、駅などの中心部からあまり外れていない沿線にショッピング施設が集まっているため、秋田市や能代市のような本当の意味での市内空洞化が避けられているところが、弘前に似ているのです。ただ中心部の人口でいえば話にならないのはわかりますが。

また国道7号は弘前の手前、平川市から藤崎町まで4車線化しており、そういう意味でも秋田市なみにインフラが整備されています。7号も13号も追分・協和にはいるところで終わってますから。弘前でこうなのですから、青森なんてもっと道路は広くせいびされてるわけです。

駅前も再開発が盛んであり、高層マンション・ホテルの建設ラッシュです。

弘前より秋田市がましだと言っている人もいましたが、弘前市だけで秋田市の2/3の規模で発展しており、大館・北秋田の人間が弘前へ流れていくのは必然なことでしょう。

何度も言いますが、比べるてどうすると言われてしまえばそれまでです。しかし、冷静に比較することは大事だと私は思います。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2009-08-23 15:56 | 秋田と他県の比較コーナー

青森市を往く

昨日と今日の2日、所用で青森市を歩いてみました。

もっとも7号線から4号線を車で走り、市内を横断したにすぎませんけど。

青森市は市内を国道が横断し、その周辺にビルがあつまるという構造です。

秋田市と単純には比較できませんが、少なくとも青森市のほうが立派に見えます。
(施設の数などを考えても多いでしょうね。)

青森市は弘前に続いて2番目に青森県内で市制施行された都市です。
(基準は3万人以上だったと思いますが。ちなみに明治時代に施行されているのでその当時から相当大きかったのでしょう)

津軽藩政時代には藩で貿易港として街づくりに励んだいた上、明治以降に北海道と結ぶ連絡地点として政府の整備が進んだのも影響しているでしょう。

秋田県と同じカテゴリーの北東北諸都市を繰らべると妙に悲しくなります・・・

そんなこと比べてどうるすと言われてしまうとそれまでですが、比べたくなるのが人情ではないでしょうか?

青森市内の7号-4号(県庁・市役所前)の渋滞緩和のために市内の山側に7号のバイパス(片側2車線の道路ですが、その中央に青森自動車道が走っており、7号バイパスは対面式ではないのです。途中から対面式になり4号線にぶつかる形式)が走り、コンパクトシティ構想と相まって市中心部の人口密度や高層ビルの未収具合などが北東北の田舎都市(これは青森市民に失礼かと思いますが・・・)とは思えません。(どう見ても秋田市よりは立派。しかし自分の知り合いなどは秋田より悪いと結構、陰口を言う人間がいて面白い。この連中はちゃんと両市を見比べているのでしょうか?)

今度は東北新幹線も開業するし、発展のノビ代も秋田市よりはありますよね。

もっとも青森市民の一部にはストロー現象を危惧する声も当然ありますが。

このコーナーはこういった比較・研究・調査を主眼に置いたものです。

特に秋田市以南の方は青森・弘前・八戸へ行く需要が少ないと思いますので、その辺を少しずつ紹介していきたいと思います。逆に横手市の方々などは北上や花巻・一関などの岩手の都市群をよくご存知だとおもいますので、そちら側の情報を期待しています。

ちなみに青森県の都市の人口は

青森市 30万人

八戸市 24万人

弘前市 18万人

で、総人口は143万人。

多少の合併があるとはいえ、中心部に10万単位で人口を集めているのは立派です。八戸や弘前なんて県庁所在地の人口ぐらいありますから。(福井市が26万人 松江市が19万人ですからね)

もうひとつ、面白い話。

青森県とは関係ありませんが、某人物(自分の知り合い)が

岡山県は秋田より人が少ない

と言った事に驚愕しました・・・

岡山市は人口69万人。秋田市の2倍以上ありますよ!!県総人口は約200万人。秋田県は109万人。第二の都市の倉敷だけで47万人。

しかも岡山市は人口が急激に増えているとのことで

政令指定都市

に移行することも知らなかったのでしょうか?

関心がないだけならいいのですが、間違った知識や思い込みで上記のようなことを口走ると言うのはいただけません・・・

無論、自分も間違えて覚えていることや思い込みで考えていることが多々あり、常に最新の情報を集めて自分の知識の修正に力を注いでいます。

最近では岩手県第2の市は宮古市だと思っていたのですが、実際には釜石市のほうが先。(市制施行は1941年で能代市のほうが若干市になったのが早いかなと少し情けない優越感をもっていましたが、実は岩手第2の市の釜石市は1937年の施行、能代より3年早かった。つまり戦前から岩手は市が三つあったということで、この当たりから岩手に発展の追い抜きをかけられていたのでしょう。もっとも現在の釜石市は4万前後まで人口が減っています。原因は製鉄所の閉鎖と内陸部優先の発展に方針が変更になったためでしょう。最盛期は9万人だったそうです)これを知らずにブログで紹介しようとしたため、自分の勉強不足を語るとこでした。

県北では能代が上か、大館が上かで両市民に多少の対立があると何かで聴いたことがありますが、青森の事例と比べても50歩100歩の争いだと言うことがわかります・・・

内向的にどちらが上かを考えるより (もちろん、本気で言い合っている人間は少ないでしょうけど) <span style="line-height: 1.2;">他県はどうやって進歩をしていったのかを冷静に見つめることも秋田県には必要ではないでしょうか?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
[PR]
by ilovejt15 | 2009-08-23 15:26 | 秋田と他県の比較コーナー

カテゴリ

全体
お知らせページ
ココが変だよ告発記事
管理人の疑問&管理人からの質問
トンでも提言
県内ニュース
秋田出身の著名人を顕彰する
「覚新」教育!!
上小阿仁村問題
秋田駄目っぷり紀行
秋田駄目っぷり写真館
秋田と他県の比較コーナー
秋田バレーボール情報
その他ニュースに怒る!!
未分類

最新の記事

停止
at 2014-04-17 03:46
秋田県だけの特殊事情とは?
at 2013-12-31 16:27
秋田県は住みにくい?
at 2013-02-14 04:24
スカートの裾を踏む
at 2013-02-08 05:03
シダックス グループ約1,2..
at 2013-02-03 18:46

リンク一覧

タグ

検索

記事ランキング

ブログジャンル

東北
時事・ニュース

画像一覧